橋本和恵 プロフィール

橋本和恵プロフィール 印刷用はこちら

株式会社売れる売れる研究所 代表取締役 橋本 和恵

売れる売れる研究所 代表取締役 橋本 和恵

なんでも売れるNo.1販売員

様々な業界の店舗に入店し、20年間実際の接客を通して
消費者心理に基づく売れる接客商談の研究を続けています。

販売技術だけでなく、真心ある販売を心掛けており
座右の銘は 「販売は才能ではない。技術である。」
「接客力はあなたの生きる力になる。」
「売上の限界を自分でつくるな!」 等があり
多くの悩める営業マンや販売員に希望と売上を与えています。

橋本和恵 (はしもと かずえ)

1977年
兵庫県生まれ

1997~1999年
最終学歴 佐賀県立有田窯業大学校 陶磁器科を卒業。
第97回九州山口陶磁展 「美術工芸品・オブジェ」部門にて
最年少入選。
兵庫県の自宅工房でロクロを回して陶芸作品を製作中、
アルバイトで始めたマネキン販売員に目覚める、という遍歴の販売人。

2000~2005 年
なんでも売れるNo.1販売員としてあらゆるメーカーで驚異的な売上を記録。
「客が去らない」「なんでもドンドン売る」と評判が立ち、全国から依頼が殺到。

2006 年
フジテレビ ディノス 通販キャスター (現在フリーで活動中)

2007 年
売れる売れる研究所 設立
実際の販売現場で鍛えた接客と独自の消費者研究により、
どんなに売れない販売員もたった6カ月で売れる販売員に変身をさせる
「橋本式売れる接客方程式®」を編み出し 研修にて実践した企業の売上を上げている。
具体例のある販売員研修は幅広いメーカーや店舗など多くの企業から
高く評価され、全国からリピート講演・研修が絶えない。
座右の銘は 「販売は才能ではない。技術と真心である。」 
「接客力はあなたの生きる力になる。」 「売上の限界を自分でつくるな!」 等があり、
多くの悩める営業マンや販売員に希望と売上を与えている。

《主な講演・研修実績》
農林水産省 九州農政局、三井住友SMBCコンサルティング株式会社
みずほ総合研究所株式会社、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
横浜銀行 浜銀総合研究所、スルガ銀行、楽天トラベル株式会社、株式会社NTTドコモ
日清製粉株式会社、大正製薬株式会社、ブリヂストンサイクル株式会社
株式会社リーガルコーポレーション 他多数

《講演・研修内容の特徴》
販売員として、多業種にわたり、計1000店舗以上の現場で培った
「なんでも売れるメソッド」はどの業界でも通じると好評。
例えば、橋本は薬剤師では無いため、薬の販売経験はありませんが、
大正製薬本社で約300名・経営幹部・薬剤師を対象に講演を行ったところ、
「目から鱗でした。」「これは使えます。」等々、大変高い評価を頂き、
その結果、年間10本の講演リピートを頂きました。

《主なTVメディア出演》 
日本テレビ 「行列のできる芸能人通販王決定戦」 消費者心理コメンテーター出演  

《著書・DVD》 
書籍 「即効トークで3倍速く売るプロの販売」  日本実業出版社 
書籍 「誰でもアッという間に不思議なくらい商品が売れる販売員の法則」 大和書房
書籍 「売る技術~営業・販売の現場を強くするプロの方法~」 三井住友銀行経営懇話会
DVD 「売れる販売術」  日本経営合理化協会  


接客審査員

【接客審査員風景】

第2回
フレッツスタッフ
優良事例発表会

消費者心理に沿った
接客を解説しています

会場:NTT西日本研修センター

NTTドコモ関西支社
2014年度代理店様会

接客の動きについて解説をしています

会場:ホテルニューオータニ大阪

第5回全国接客
ロールプレイング
コンテスト

売れるだけでなく顧客満足のある
接客を解説しています

会場:株式会社リーガルコーポレーション
本社ホール

販売指導をする理由

「橋本さん、売れないんですよ~。もう販売辞めたいです。」

某有名メーカー社員である20歳Sちゃんの一言が私の脳裏に焼きついている。 

入社当時、あんなに目をキラキラさせていた彼女が3ヵ月後に会うと、泣きそうになりながら叫んだ。

「もう販売辞めたいです!」

「もう営業辞めたいです!」

本来大好きだったはずの商品の販売がドンドン嫌いになっていく・・・

 売れない → 売上ノルマ → 体調不良 ・・・

現実問題、この悪循環にはまっているのは彼女だけではなかった・・・

 

 「商品を提供したい!」そう思って仕事をしているだけなのに「売れないストレス」は辛いものです。

悩みながらも営業 ・販売を続けている多くの方々の手助けをしたい

そういう想いで、今日も全国を駆け巡っています。

ライフワーク

趣味 :読書、森の散歩

苦手なこと : 高所が苦手なため飛行機に乗れません
夢 : スーパーの売場にて平飼い卵が増えること

橋本は個人的なライフワークとして
アニマルウェルフェアの考え方に賛同しています。

アニマルウェルフェアとは、
動物福祉と訳されています。

橋本は、牛さん、豚さん、鶏さんを食べるなと言っているのではありません。

それぞれの動物産業の方にも、もちろん生活があります。

動物の宿命もあります。
殺すことをやめるのではなく「苦痛」を排除したいという意味です。
「どうせ食べられるのだから」ではなく
「食べられてしまう宿命まで幸せに暮らしてほしい」と考えています。

例えば、安い価格の豚肉や鶏肉や卵の
「安さ」の代わりに「動物達の苦痛」が代償となっていること。

世界では、養鶏場のバタリーケージ禁止の動きが加速しています。

バタリーケージとは、鶏さんが入る金網でできたケージ(かご)のこと。
1つのケージは1羽あたり平均B5サイズ(257×182mm)ほどの面積しかなく
止まり木もなく、羽を広げることもできません。

EUでは2012年から全面禁止、
米国や豪州の一部の州でもバタリーケージの飼育方法が禁止されているほか
スイスなどケージ飼育そのものを廃止する国もあります。

日本では、まだ90%以上の約1億羽の鶏さんが狭いケージにいます。

効率を重視すれば、広い土地を使って、飼育するよりも
狭いところにたくさん鶏さんを集めた方が費用は抑えられて、
その分価格も安く提供出来ます。

しかし、B5サイズの狭いところに閉じ込められて
ほとんど身動きできず一生を過ごす鶏さんの気持ちを想像すると・・・

個人的には、あらためて消費について考える時代
となっていると感じております。

私は消費者として、地面を自由に動き回って、
伸び伸びと過ごした鶏さんの平飼い卵を選ぶなど
アニマルウェルフェア商品を選んで購入しています。

アニマルウェルフェアは
飼育環境の整備や苦しみのない処分を求めている
世界的な活動です。

(以下、参考資料※より引用)

アニマルウェルフェアに関する日本の評価は低下する一方です。
世界動物保護協会(WAP)が発表した
2020年の動物保護指数(API)では、日本の総合評価はEランク
特に畜産動物の保護に関する法規制はGランクと最低評価で
G7で最下位となっています。

なぜ日本は、このような状況のままなのでしょうか。

今後日本のアニマルウェルフェアが進むかどうかは、
企業の取り組みとともに、私たち消費者一人ひとりの選択にもかかっています。

アニマルウェルフェアに配慮した商品を選んでいくことが、
企業そして市場全体の変化につながっていくのです。

次に卵を買う時は、ぜひ平飼い卵を探し、もしも商品がなければ、
お店に置いてもらうようリクエストしてみてはいかがでしょうか。

※参考資料:
エコネットワークス
「世界最低ランクの日本 『平飼い卵』に見るアニマルウェルフェア」
https://www.econetworks.jp/internatenw/2021/01/animalwelfare/


「売れるトークを研究開発して欲しい」
「研修・講演を企画しています」
「メディア出演を依頼したい」など
ご相談がございましたら、問い合わせフォームよりご連絡ください。

※恐れ入りますが、内容やスケジュールの空き状況等により
 ご要望に添いかねることもございますこと何卒ご了承くださいませ。

※混雑状況により、返信に1週間程度お時間を頂く場合もございます。

問い合わせフォーム

電話:03-6255-6437 お問合わせフォーム

よくあるご質問とその回答

売上がドンドン伸びる
伝説の講義が
ついに書籍化!
重版9刷
不思議なくらい商品が売れる販売員の法則
amazon.co.jpで購入
こちらから目次が見れます
▼こちらも併せてどうぞ▼
3倍速く売るプロの販売
amazon.co.jpで購入

売れる売れる研究所
橋本和恵


〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12
MIYUKIビル 7F